台湾のCDジャケットデザイン展

会期:2017年9月16日 – 10月29日(月、火曜日休館)
開館時間:12:00 — 19:00
会場:NIBUNNO | 東京都港区東麻布1-8-2 B1F
入場料:500円(レコード別売 )
主催:BXG株式会社
グラフィックデザイン:林唯哲、 Miri Lin
ディスプレーデザイン:Nelson Tu
PR:村上晴香
内容翻訳:池田リリィ茜藍

参加デザイナー
聶永真(アーロン・ニエ)、方序中(ジョーファン)、小子(シャオツー)、布雷克(ブレーク)、顏伯駿(イェンボージュン)

特別イベント
-10/08 |日| 14:00 — 16:00デザイナー 方序中(ジョーファン)によるトークを開催。
-10/21 |土| 14:00 — 16:00デザイナー 聶永真(アーロンニエ)によるトークを開催。
デザイナートークショーを開催。「音楽の世界観からビジュアル化までの発想プロセス」を語ります。定員30名。申し込み詳細をまた後日お知らせします。

CDジャケットのデザインは、台湾のデザイン業界にとって特別な存在であり、近年台湾のグラフィックデザインに革命を起こすほど重要な役割を担っています。
近年の台湾では、日本同様に音楽のダウンロード化が主流となり、音楽業界の収益の中心であったCDの売り上げが年々低迷しています。
そのような状況下のもと、より手に取ってもらえるような斬新なアイデアが溢れるCDジャケットと装丁が次々と生まれています。
そして、CDジャケットは“台湾人デザイナーの冒険心”と“印刷技術の無限の可能性“を表現する、台湾のデザイン業界における重要なジャンルを築きました。

本展では、聶永真(アーロン・ニエ)氏をはじめ、方序中(ジョー・ファン)氏、小子(シャオツー)氏、布雷克(ブレーク)氏、顏伯駿(イェン・ボージュン)氏という台湾で最も注目されている5名のグラフィックデザイナーが手掛けたCDジャケットのデザインを展示します。
会場内に試聴コーナーを設置、購入もすることができ、台湾のCDショップに来たかのような企画です。
また、 特別イベントとして、「音楽の世界観からビジュアル化までの発想プロセス」と題したトークを、
10月8日(日)は方序中(ジョー・ファン)が、
10月21日(土)は聶永真(アーロン・ニエ)が行います。

Venue:Nibunno , Tokyo
Sep , 2017